さがみ中央動物医療センター

アクセス

ご予約/お問い合わせ0463-95-0221

院長紹介

HOME院長紹介

院長

「ゆりかごからお別れの時まで」

地域の動物たちの一生のホームドクターを目指し、
動物医療に取り組んでいます。

院長 竹内 和義 Kazuyoshi Takeuchi

昭和53年に麻布大学獣医学科卒業後、昭和55年に「竹内獣医科病院」(小動物専門)を伊勢原市で開業しました。
平成14年に伊勢原市東大竹に移転し、最近では病院業務の他にも各地で講演を行い、全国の動物医療の発展のために力を注いでいます。

略歴

昭和53年3月卒 麻布大学 (同級生:渡辺俊文、印牧信行)
昭和53-54年 横浜 保田動物病院勤務
昭和54年4月 神奈川県伊勢原市でたけうち動物病院開業 開業歴 38年
現在の肩書き
  • さがみ中央動物医療センター 院長
  • 平塚 夜間救急動物医療センター 代表取締役
  • 日本臨床獣学フォーラム 監事
  • アイデックス・ラボラトリーズ AABメンバー(AAB:Asian advisory board member)

主な執筆

肩書き

  • 日本獣医師会会員
  • 神奈川県獣医師会中央支部監査

過去の実績

  • 日本臨床獣医学フォーラム代表幹事
  • 日本獣医臨床病理学会理事

院長からのご挨拶

「ゆりかごからお別れの時まで」をポリシーに、子犬・子猫の時からの健康・生活・食事指導に始まり、若齢から中高齢期までは「ホームドクター」として様々な日常健康管理に携わり、老齢期に入ると心臓疾患・腎臓疾患・内分泌疾患さらには癌などの末期医療を人の総合病院のように提供する動物病院が現在の当院の姿(ポリシー)です。子犬・子猫の時から当院を主治医にしていただいた多くの動物たちは、私自身が驚くほど健康で長命であることを「30年以上の私の臨床経験」から自信を持って断言いたします。「病弱」と思われるような動物で、度々当院の世話になっているような子が、返って周囲の同年齢の犬や猫より長生きしていることが良くあり、これもおそらく飼い主様たちのペットへの愛情の賜物だと気づかされました。

健康管理の基本は日常の食生活や運動だけでなく「愛情を持って動物と共に生活する」が大切で、これに加えて定期健康診断「わんにゃんドック」をすることで病気の早期診断・早期治療が可能となり、さらに愛玩動物は健康で長生きができるようになります。物言わぬ動物は、目や尻尾や行動で様々な意思表示を示しています。愛情を持って毎日動物と接していると、これらの意思表示はあたかも「言葉と同等」に理解できるようになります。毎日の便や尿の様子、食欲の状態も健康管理にとって最も重要な要素です。毎日お散歩に行ったり、トイレの世話をしていなければ「チョッとした動物の変化」に気付くのが遅れます。このような「チョッとした動物の変化」に気付いたら、是非いつでも気軽に動物病院にいらしてください。どんな些細なことでも親身に相談できる獣医師であることをモットーに日々努力してまいりたいと存じます。

院長スケジュール

院長の診察は完全予約制です。

  • 院長の診察を希望される方は事前に電話にて予約を取って頂くことになります。
  • 通院中の方は次回の診察の予約を取ってからお帰り下さい。
  • 院長以外の獣医師の診察は通常通り行っております。
  • お手数ですが少しでもお待ちいただく時間を短くするために、ご理解ご協力をお願いします。
  • 尚、ご予約いただいても治療検査、急患などの状況で多少お待ちいただくこともありますので予めご了承下さい。

※毎週木曜・日曜は院長の診察はお休みです。

×…休診 / …午前休診 / …午後休診 / …要問い合わせ

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
       
5 6 7 8 9 10 11
       
12 13 14 15 16 17 18
       
19 20 21 22 23 24 25
       
26 27 28 29 30    
×   ×  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
       
3 4 5 6 7 8 9
       
10 11 12 13 14 15 16
       
17 18 19 20 21 22 23
       
24 25 26 27 28 29 30
       
31